ホームページの仕組み
ホームページとは?
ホームページとは、Webサイトと呼ばれるインターネット上のひとまとまりのWebページのことです。元々は、Webサイトの入り口のページをホームページと呼んでいましたが、日本ではWebサイトと同じ意味で使われるようになりました。
ホームページを閲覧する場合には、IE(Internet Explorer)やNetscapeなどのWebブラウザでURLアドレスを指定します。URLアドレスを指定すると、Webブラウザがインターネット上のWebサーバーを探して、その希望のホームページが自分のコンピュータに表示されます。
ホームページとは、Webサイトと呼ばれるインターネット上のひとまとまりのWebページのことです。
ホームページの仕組み・解説
 トップページより情報が書かれた各ページに移動する仕組みをリンクといいます。トップページを含む、ページの集合体をホームページ、正式にはWEBサイトといいます。
ホームページはURLという英数字の羅列によって構成され、このURLはネット上の住所のようなものです。
(最近は日本語のアドレスもあります。)
URLは別名「アドレス」といいます。一般的には「ホームページアドレス」などと呼びます。
http://www.e-netten.ne.jp/ (ネットテンのホームページURL)
”業務案内”や”製作実績”などの項目はコンテンツと呼ばれ、コンテンツとは内容の意味で情報・サービスの内容を指します。
下の画像はサンプルホームページのトップページ(玄関部分)です。
ホームページ制作、WEB製作サンプル@
ホームページ制作、WEB製作サンプル@
ホームページ各部分の説明
オレンジ1・・・「タイトル・見出し」
 ページの最上部に会社名やホームページのタイトルを表示します。
よくあるパターンは印象的な画像だったり、文字だけだったりしますがページのタイトルはホームページ自体の印象を決定付けるものなので、一番大事だといえます。
ピンク2・・・「目次・ナビゲーションバー」
 この部分は各ページの行き先を示す、目次的な役割を示します。
ユーザーを所定のページに案内するため、ナビゲーションバーとも呼ばれます。
イエロー3・・・「イメージ画像、トップ画像」
 お店の写真や魅力的なFLASH動画などを掲載しています。
文字ばかりのページより、一部アクセントとして動画や画像を掲載する事で単調になりがちなホームページのイメージを見やすくします。
グリーン4・・・「ホームページの内容、各コンテンツの説明など」
 訪問してきたユーザーが「このホームページは何なのか?」をわかりやすく説明するための内容を掲載します。各コンテンツの説明(内容)を簡略化して掲載し、わかりやすく目的のページに達成できるようにします。
また、この枠に最新情報や更新履歴を掲載しても良いでしょう。
※上記の内容は弊社のホームページに対して説明しています。
ホームページの仕組みやデザインはそれぞれ異なりますが、大体の重要な箇所を説明しています。
トップページへ戻る/大阪のホームページ製作会社・ネットテン/SEOを取入れたWEBをご提案いたします
SEO対策 ネットテンの連絡先
  • ネットテン大阪営業部
  • 〒558-0013
  • 大阪府大阪市住吉区我孫子東3丁目1番13号
  • アソルティ我孫子(旧住友生命ビル)4F
  • TEL:06-6609-1100
  • FAX:06-6609-7200